ワイン・ショップ、イーエックス

白ワイン

ワイン・ショップ、イーエックスの白ワイン

ワイン・ショップ、イーエックス【eX-WINE】では、約300種類の白ワインをご紹介しています。産地、タイプ、価格、ヴィンテージなどバラエティ豊かに取り揃えてございますので、ぜひご覧下さい。

こんな白ワインがおすすめです

●月間ランキング常連のシャブリ! 2080円で味わうグレイトヴィンテージ

本当に素晴らしい2002年のブルゴーニュ。もうお召し上がりになられましたか? ボルドーとブルゴーニュのヴィンテージ評価が違うことはままありますが、ここのところ立て続いていますね。

ボルドーの偉大な年は1995年、2000年、2003年(ただし、カベルネに強いシャトーのみ)。ブルゴーニュは1996年、1999年、2002年。米国のワインスペクテーター誌では、2002年のブルゴーニュは「1999年以上、1996年に並ぶグレートイヤー」とされています。

私もすでに何本かの2002年もののシャブリをいただきましたが、本当に美味しいんですね。いわゆる並のシャブリにありがちな、酸味が突出しただけのシャバシャバした味わいではなく、しっかり存在する果実の味わいをミネラルが引き締めてくれているのではっきりと個性を楽しむことができるんですね。

こちらのジャン・コレのシャブリも出色です。グラニースミスを思わせる青リンゴのフレーバーが心地よく、しっかりしたミネラルが口の中を引き締めます。いうなれば、スタンダートシャブリは1級ものに、1級ものは特級ものに感じられるのが、2002年のシャブリといったところ。

ジャン・コレは月間ランキング常連の白。先々月は1位、先月も2位にランクインしていることから、皆さんがいかに2002年のシャブリに注目しているかも伝わります。すでに引く手あまたで、在庫僅少と言われている2002年のブルゴーニュ。未体験の方はぜひお早めにお試し下さいね!

ジャン・コレ・エ・フィス・シャブリ 2002

●まるでピュリニー!これが究極のコストパフォーマンス・ブルゴーニュ

このところ、コント・ラフォンやルフレーヴといったブルゴーニュの大御所ドメーヌが、こぞってマコネ地区に進出しています。コート・ドールのぶどう畑は飽和状態でもう新しく買うことができないのも理由の1つですが、もう1つはやはり南ブルゴーニュの魅力でしょう。

コント・ラフォンのドミニク・ラフォンさんがマコンに畑を買う際に相談を持ちかけたのが、このワインの造り手、オリヴィエ・メールランさんでした。メールランさんの白ワイン造りの腕前と畑を見極める目を信頼している証拠ですね。

「ラフォンが相談を持ちかけるほどの造り手」として一躍有名になりましたが、最近ではそればかりか、同じムルソーのコシュ・デュリーさんのご長男までもメールランさんのところで修行中だそうです! このニュースにも驚かされますよね。ブルゴーニュ白ワインの神様と讃えられる2大巨頭が篤い信頼を寄せるオリヴィエ・メールランさん。これまでほとんど無名だったのが信じられません。

これまで、どうしてもポッチャリとした印象があった南ブルゴーニュですが、メールランさんの白ワインを飲むと本当に驚かされます。ラベルを見なければ誰もアペラシオンを言い当てることはできないでしょう。

本日ご紹介するサン・ヴェランも、イーエックスのソムリエ陣が「ピュリニー・モンラッシェのよう!」と大絶賛。南らしい果実の味わいがきっちりと存在しながらもエレガントな酸味に溢れ、ワインを飲み込んだあとにスーッと長くミネラルの風味が残ります。その余韻の心地よさには思わずうっとりしてしまうほど!

こんなに素晴らしい白ワインならば、「さぞやお高いもの」と想像してしまいますが、実はたったの《3300円》。この品質でこのお値段、これこそが南ブルゴーニュ最大の長所ですね。

最近ではどんなに安いピュリニー・モンラッシェでも、6000円を切るなんてマレ。その半分のお値段で、ピュリニー・モンラッシェ級の美味しさを満喫できるのですから、ワインファンにとってこんなに嬉しいことはありません!

「南ブルゴーニュ」と聞いてポッテリとした白ワインを想像してしまった人にはぜひ飲んでいただきたい白ワイン、メールランさんのサン・ヴェラン。生粋の白ワイン好きさんも、このワインは絶対チェックして下さいね!

オリヴィエ・メールラン・サン・ヴェラン・レ・グラン・ブジール2001

 


白ワインをお探しの方は、ワイン・ショップ、イーエックス